大阪で創業融資をお考えなら | 大阪で創業融資・スタートアップ支援なら「下園創業支援サロン」

大阪で創業融資なら | 下園創業支援サロン

創業融資

創業融資基礎講座 第1回目

更新日:

政策金融公庫を利用して起業する!
創業融資基礎講座を始めます。

みなさんに質問があります。
何か疑問がでた時、どうしますか?
「グーグルに聞く」という方
多いと思います。私もその一人です。

みなさんこんにちは!
甲子園総合会計事務所 代表
下園大地と申します。

グーグルのおかげで、個別のテーマごとに
知識を深めることは簡単になりました。
しかし、「木を見て森を見ず」という
状況の方をたくさん目にしました。

起業に関するお金の問題で
同じ光景を目にしました。

そこで開業時にお金を借りるため
つまり「創業融資」を受けるための最低限
必要な知識や考え方と
これまで私が専門家として培ってきた
ノウハウを

「時系列で体系立てて伝える」

その目的を、叶えるために
創業融資基礎講座を行います。

本講座は全部で6回
1時間半(予定)でお伝えします。
また更新は可能な限り早く行います。
(現状週1回の更新を考えています)

もうすでに「創業融資」が必要で
待っていられない!という方は
ホームページ経由で個別にコンタクトを
取っていただければ対応します。
なお、以下↓は第2講以降の内容です。

ものごとを成功させるためには
結果から逆算することが重要になります。
創業融資も同じです。

ご自身のベストな結果から逆算して
行動に移すよう心がけてください。

自己紹介
まずは事項紹介をさせてください。
甲子園総合会計事務所 代表 下園大地
税理士・公認会計士・中小企業診断士

上場企業から中小企業、個人申告まで
延べ1,500件の決算書の作成・分析で
培った会計知識や実務経験から
編み出した「創業融資のトライアングル」を
駆使し、融資の成功率は脅威の確率を
誇っています。

第1講:創業融資の全体像

結果から逆算するというマインドが重要
ということで、第1講では今後の講座で
基礎となる以下の内容をお伝えします。

①講座の全体像と基本的な質問
②可能性を高める!創業融資のトライアングル
③創業融資の公式で融資額を自分で計算しよう

講座の全体像と基本的な質問

開業予定のみなさんへ
いつお金を借りますか?
この質問をすると
「お金が足りなくなってから」
という答えが大半です。

私の答えは違います。
「最初に借りておく」が正解です。
理由は起業当初の廃業リスクが
最も高いからです。

まず、みなさんには1日でも長く
事業を続けること。その環境を
整えてもらいたいと思います。

お金がない

そうなったら商売どころではありません。
そのため「創業融資」を受けることを
売上の増加や費用の削減と同じくらい
重要性があるものとして考えてください。

新創業融資の内容

ここからは、「創業融資」とくれば
日本政策金融公庫の「新創業融資」と
考えてください。
この「新創業融資」の主な条件は↓

ここで重要なのは
①創業の要件②自己資金の要件、③金額です。
みなさんも気になると思います。

①創業時の要件のポイントは
「なるだけ早く」これのみです。
起業間もない頃は赤字のことが多く
実績が出ると融資の確率が下がります。

②自己資金の要件については
3分の1以上確保したいところです。
融資してもらえる金額は
自己資金の2.3倍ぐらいが目安です。

③金額は要注意!
パンフレットでは3000万円が
上限となっていますが
1000万円が現実的なラインです。

また、創業融資を受けるまで
トータルでどのくらいの期間が必要か?
ここも、事業を始めるうえで重要です。

ケースバイケースですが
金融機関の面談から1ヶ月くらい。
準備などトータルでは3ヶ月以上は
必要です。
人によっては1年以上かかる人もいます。

可能性を高める!創業融資のトライアングル

次に創業融資の可能性を高める
方法をお伝えします。
ここで一つ伝えたい事実があります。
「いくら借りれますか?」はというワード

実は・・・
金融機関に対してはNGワードです。

私も同じ質問をよく受けます。
その時わかりませんでは
専門家として信頼されませんよね。
だから、私なりの答えをもっています。

まず「いくら借りられるか」
という質問を2つにます。

「いくら」⇒①金額の問題
「借りられるか」⇒②融資の可能性の問題

なぜか?

「創業融資の可能性を高くすること」
「創業融資の金額を多くすこと」
対策を別に立てるべきだからです。

そして最初に
②可能性を高めることを目指して下さい。

そして②融資の可能性を高める
強い味方が私の提唱する
「創業融資のトライアングル」です。
(詳しく知りたい方はリンクへ)

この「創業融資のトライアングル」は
創業融資の可能性を高めるために
特に必要な条件を示したものです。

条件1:ビジョン
条件2:キャリア
条件3:マネー

この3つがそろえば、高確率で
創業融資を実現させることができます。

各条件に少し説明を加えます。

条件1:ビジョン
⇒事業を始める動機・目的・見通し
条件2:キャリア
⇒実務経験やこれまでの経歴
条件3:マネー
⇒自己資金

事業を始める動機・目的・見通しが
あって、実務経験や経歴も申し分なく
自己資金を持っている。そういう人は
創業融資を受けられる可能性大です。
ただ、このように完璧な方はなかなか
お目にかかることはありません。

それでも創業融資を受けている人は
たくさんいます。
足りない部分を知ってその弱点に
対策を立てることも重要なのです。

創業融資の公式で融資額を自分で計算しよう

創業融資の可能性を高めたら
次は先ほど出てきた、
「いくら」⇒①金額の問題を考えます。

創業融資を算定するツールを
「創業融資の公式」と呼んでいます。
(詳しく知りたい方はリンクへ)
その公式は

創業融資額=自己資金×2.3

とても簡単な式です。
誰でも計算できると思います。
自己資金が100万円であれば
創業融資額は230万円が目安になり、
合計330万円で事業を始められます。

2.3倍はどういう数字?

みなさんにとって、この倍率は
高い方がいいはずです。

ただ、2.3倍になっているのには
①資金のバランス
②以前の基準が残っている
という2つの理由があります。

①資金のバランスについて
持っている資金の2.3倍を超えて
例えば自己資金の5倍
創業融資を受けた場合、何が起きるか?

答えはシンプル
借入金の返済で起業したあとすぐに
資金繰りが厳しくなります。

つまり借りた後のことも考えて
資金のバランスをとることが重要です。

②以前の基準が残っていることについて

先ほど、新創業融資の条件にもあった
自己資金要件⇒10分の1以上は
数年前に条件が緩和されたものです。

条件は確かに変わりました。
といってもすぐに実務がすべて変わる
事はなく、やはり以前である
自己資金要件⇒3分の1以上が
実務上の一つの基準として残っています。

また、起業に賭ける気持ちも
自己資金の準備の仕方で
判断するという側面もあります。

くれぐれもパンフレットの条件を
真に受けて100万円の自己資金で
900万円借りられると考えて、計画を
立てることは避けてください。

ここで第1回の講義は終わりです。
第2回目の講義は
計画段階のお金の話です。
みなさんのお役に立つ内容です。
ご視聴よろしくお願いします。

他にも伝えたいことがあります。
過去のブログを参考にすることや
セミナーへの参加をお勧めします。
LINKはコチラ

下園創業支援サロンは、大阪で創業融資を受けたい方のサポートを行っております。

開業資金を支援してほしい、絶対に企業したい、専門家にサポートしてほしいとお考えの方は、ぜひ下園創業支援サロンにお声かけください。

スポンサードリンク

-創業融資
-, , , ,

Copyright© 下園創業支援サロン , 2020 All Rights Reserved.