大阪で創業融資をお考えなら | 大阪で創業融資・スタートアップ支援なら「下園創業支援サロン」

大阪で創業融資なら | 下園創業支援サロン

創業融資

お金を借りて起業する人強い味方!創業融資のトライアングル

更新日:

 

「いくら借りられますか?」はNG

お金を借りて、事業を始めようと
考えている人は絶対に気になる
内容だと思います。

「いくら借りられますか?」
この質問、本当によく聞かれます。

でも・・・・
この質問、実は金融機関の担当者に
とってはNGワードです。

それはなぜか?

理由は簡単。
金融機関はいくら借り入られるかを
教えることが、仕事ではないからです。

金融機関の仕事は
あなたから必要な金額を聞いて
それを貸して返済できるか?
ということを判断することです。

だから、絶対にいくら借りられるかを
教えてくれません。

私も同じような質問をよく受けます。
その時わかりませんでは
専門家とは呼べませんよね。

だから、私なりの答えをもっています。

「いくら借りられるか」
という質問を2つに分けます。

「いくら」⇒①金額の問題
「借りられるか」⇒②融資の可能性の問題

理由は
①金額を高めるための方法と
②可能性を高める方法が、違っていて
別々に対策する必要があるからです。

2つに分けることはわかった!
でも、どっちから?
と思ったアナタ、答えがあります。

②可能性を高めることを目指して下さい。
そして、融資の可能性を高める強い味方が
私の提唱する
「創業融資のトライアングル」です。

この「創業融資のトライアングル」は
創業融資の可能性を高めるツールです。

可能性を高めるための創業融資のトライアングル

ここからは「創業融資のトライアングル」
を説明します。

「創業融資のトライアングル」は
創業融資の可能性を高めるために
特に必要な項目を示すものです。

私のこれまでの経験から
創業融資を成功した人が
どのような条件を満たしていたかを
分析したもので

創業融資を成功させている人は
「ビジョン」⇒動機、目標、見通し
「キャリア」⇒実務経験
「キャッシュ」⇒自己資金
この3つの要素をしっかり持っています。

結果から逆算すると
この3つの要素が揃えば創業融資は
100%実行されると言っても
過言ではありません。

ただ、この3つを揃える事はなかなか
難易度の高いと感じています。

例えば
脱サラして喫茶店を始めるパターンや
OLさんがネイルサロンを開くパターンは
実務経験がない場合です。

この実務経験のないものについては、
事業がうまくいく可能性が低いので、
融資の可能性も低くなります。

また、自己資金が不足している場合も
融資を断られる大きな理由になります。

一言で、自己資金と言っていますが
何が自己資金か?も
非常に重要なので
今後ブログのテーマにしようと
思っています。ご期待ください。

実務経験や自己資金については
すぐに解決することではありません。
私がサポートさせていただいた方で
「1年以上」
かかったケースもあります。

創業融資はビジョンで借りる!

実務経験や自己資金が
すぐには解決しないのに対して
ビジョンを考えるのにあまり
時間はかかりません。

ただ、ビジョンについて考えた事
がないので、思い浮かばない
という人がいるのは確かです。

ビジョンというのは抽象的なので
答える人によって
個人差が出る項目でもあります。

確かに
ある人は「どうして事業を始めるか?」
ある人は「将来性がある」

と言うようにまちまちの回答が返ってきた
経験があります。

そのため私はビジョンを聞くときには
3つに分けて
それぞれを考えていただきます。

①モチベーション⇒動機
②目標⇒どのような結果になるか?
③見通し⇒必要とされる業種か?

この3つの項目をつなぎ合わせると
ビジョンになると説明しています。

①モチベーション

なぜあなたが、なぜその仕事をやるのか
というもので「実力を試したい」という
自分の内側から発生するもの

「困った人を助けたい」という自分の
外側にあるものに分かれますが
どちらもあるのが望ましいです。

②目標

その商売をすると、どのような結果になるか
誰かの役に立つか?を伝えることが重要です。

③見通し

今から始める事業がすぐに無くならないか
「誰かのためになるか?」
ということを指しています。

ビジネスやってもそれが、もう時代遅れで、
「お先真っ暗」のようなものだと金融機関は
融資してくれないと考えてください。

まとめ

今回は
創業融資の可能性を高めるための
「創業融資のトライアングル」を
紹介させていただきました。

必要な項目を細かく分けて
それを一つずつクリアしていくことが
創業融資の成功への近道です。

ご自身はどうか?
を考えてみてください。

この他にも伝えたい事があります。
僕の過去のブログを参考にしたり
セミナーに参加する事をお勧めします。
LINKはコチラ

大阪で創業融資のサポートを依頼したいという方は、ぜひ下園創業支援サロンへご依頼ください。

1,500件以上の指導実績があり、金融機関の担当者が協力したくなるような、創業融資を成功に導くためのノウハウが豊富です。

スポンサードリンク

-創業融資
-, ,

Copyright© 下園創業支援サロン , 2020 All Rights Reserved.