大阪で創業融資をお考えなら | 大阪で創業融資・スタートアップ支援なら「下園創業支援サロン」

大阪で創業融資なら | 下園創業支援サロン

創業融資

お金を借りて開業する人へ、見せ金は絶対ダメ!シャレにならないハナシ

更新日:

お金を借りて開業するひとの最大の敵それが「見せ金」です

お金を借りて事業を始めるという
創業融資に関して、融資の経験のない
皆様より多くの質問を頂きます。

「それ見せ金です、それも見せ金です」
お金に関する質問の答えとして
「見せ金」
という結論になることがあります。

「見せ金って何?」という人のために
今回は「見せ金」について
詳しく紹介させていただきます。

まず最初に言っておきたいのは
「見せ金ダメ絶対!」
ということです。

読み進めてもらえれば
なぜダメなのか、どれだけヤバいのか
わかってもらえると信じています。

それでは
そもそも「見せ金」は何かという
説明から始めます。

見せ金とは
自己資金ではないものを
自己資金ということです

どうですか?
難しいですか?

例えば、友人や家族からの100万円
借金して、いつか返さない100万円を
自分のお金だといって
お金を借りて事業を始めるという
創業融資を受けるようなケースが
「見せ金」の典型例です。

これを読んでいる皆さんは
大丈夫でしょうか?
「見せ金」になってませんよね?

次章では金融機関が「見せ金」を
どう思っているかを書きます。

自分の行おうとしていることが
「見せ金」かもと思う人は
ぜひ読んでください。

金融機関にとって見せ金は敵

そうなんです。
金融機関にとって「見せ金」は敵です。
「見せ金」でお金を借りようとする人も
やっぱり敵です。

金融機関は「見せ金」をとても嫌います。
理由は2つ
①資産の裏づけのない人に融資をしてしまう
②不誠実な人にお金を貸したくない

これが金融機関のホンネです。

①資産の裏づけのない人に融資すること

ここで1つ質問です。

あなたは金融機関の担当者
300万円持っているAさんと
100万円しか持っていないBさん
どちらに融資しますか?

カンタンですよね。
どう考えても
300万円持っているAさんですよね。

100万円しか持っていないBさんが
200万円「見せ金」で資金を用意
したらどうなるでしょうか?

Bさんにお金を貸してしまう
そんなミスもあるかもしれません。

つまり「見せ金」は金融機関の立場で
考えるとリスクが高まることを意味します。
考えようによっては

事業を始めるために融資したものの
結果、借金の肩代わり。
なんてこともあり得ますから。

②不誠実な人にお金を貸したくない

不誠実な人と取引したいですか?
イヤですよね。

金融機関も同じです。
お金を扱うことを考えれば
相手の誠実さは重要と思いませんか?

「見せ金」=ウソ

不誠実な人にお金を貸したくないと
金融機関は考えています。

またこのような不誠実な人は
すべての局面において嘘をついたり
違法なことをしたりします。

つまり、真面目に返済してもらえる人と
金融機関は取引したいと考えていて
「見せ金」をする人とは取引したくない。

これも金融機関のホンネです。
中には、知らずのうちに
「見せ金」になることもあります。
言い訳して逃れようとする人がいるので

「見せ金」については
知らなかったという言い訳は通用せず
金融機関は厳しい態度をとります。

金融機関の見せ金対策

「見せ金」がヤバいのはわかった!

でも・・・・・

よく考えると、見せ金を
どうやって調べるのか?
と考えた人は相当頭の回転が速い人です。

答えをいうと
融資の面談で通帳を確認します。
その中で、「見せ金」を発見します。

シンプルな手続きですが、かなり強烈です。
面談では、通帳を6ヶ月分確認することに
なっていて、大きな入出金は

その理由を確認します。法人であれば
資本金として出資されたものの
出所を追跡していきます。

このように通帳の金額だけでなく
お金の動きを確認することが
「見せ金」を発見する手がかりなります。

「有効な手続きだなぁと感心します」

特に創業融資ではこの手続きが
必ず行われます。

オレならそんな手続き
何とかすり抜けてやるぜ!

そう思った人はいったんストップ!
金融機関にはこれまで
膨大な案件のノウハウがあるので
騙すと言うのはかなり難しいと
考えた方がいいです。

そして見せ金と判断されたらどうなるか?
申し込んだ創業融資の審査が
とおらず融資を受ける事はできません。
それどころか
今後取引してもらえない可能性もあります。

自己資金を貯めることできず
「見せ金」をしようとしている人には、
「お金を貯めましょうと」伝えしています。
今はタイミングではありません。

それでもやっぱり
見せ金でもいいからという方もいます。
私のスタンスでは残念ながらサポートは
できないと考えています。

今回はここまでです。
「見せ金」の回避の仕方については
またの機会にお伝えしようと決めました!

お金を借りて事業を始めるという
創業融資では、専門的な知識も求められます。

もちろんご自身で手続きを行うことは
大変重要なことです。
ただ創業融資の可能性を高めたい方
自分では手に負えないと思った方は

私のセミナーに参加してください。
LINKはコチラ

下園創業支援サロンでは、大阪で創業融資を受けたい方のサポートを行っております。大阪で事業資金を借りたいとお考えでしたら、ぜひ下園創業支援サロンにお声かけください。

専門家が開業予定の方へのスタートアップ支援を行います。はじめての方はこちら(https://shimozonosalon.com/jimusho)をご確認ください。

スポンサードリンク

-創業融資
-, ,

Copyright© 下園創業支援サロン , 2020 All Rights Reserved.