大阪で創業融資をお考えなら | 大阪で創業融資・スタートアップ支援なら「下園創業支援サロン」

大阪で創業融資なら | 下園創業支援サロン

創業融資

自己資金で事業を始める前に考えるべき創業融資のハナシ

更新日:

自己資金で十分という人ほど読んで欲しい!

あなたがビジネスを始めたいとき
資金が必要な事業を行いたいと思うなら
読んで欲しいお金の話が今回のテーマ!

私は起業支援を行っているため
他の起業支援を行っている方が
どのようなことを気になるので
定期的にリサーチしています!

けっこうトレンドがあるもので…

先日、起業に関する動画を視聴していると
『元手のかからない事業』をする
ことが推奨されていました。

具体的にいうとYoutuberやセミナー講師
あるいは動画コンテンツの販売などを
勧めていました。

確かに言っていることは、的を射ています。
しかし全ての人がYoutuberやセミナー講師を
行うことが正解なのでしょうか?

もしあなたが一定の資金が必要な
事業を行いたいとしたら…

自己資金で起業するのが最も理想的
また、自己資金だけで起業されているかたも
たくさんおられます。

そんなあなたへ
私からあなたへ1つ質問があります。

手元のお金が無くなったら廃業しますか?

もし、この質問に絶対に『YES』の場合は
絶対にお金を借りて事業を始めてはいけません。

ただ、そうでない時は融資も選択肢の
一つとして、考えておく必要があります。

銀行はお金が無くなってから協力してくれない!

よく聞くフレーズで
銀行は雨の時には傘を貸してくれない
というものがあります。

これは本当です。

ではどうすればいいか?
答えはカンタンです。
雨が降る前に対策すればいいのです。

つまり、雨が降った後では遅いということです。

いつ雨がふりだすのでしょうか?

おそらくは起業後1年くらいが
よく聞くパターンです。
でも、そうなってからでは手遅れです。

一般的に起業してから時間が
経過するほど融資は受けにくくなるという
傾向があるということは
知っておくべき最低限の知識です。

リアルなハナシ

特に6ケ月を経過すると
急に融資を受けにくくなります。
これには理由があります。

それは、実績を確認されるということです。
通常、起業直後は赤字になることが多く
また、融資が必要ということであれば
赤字額も大きい可能性があります。

赤字になる可能性も含めた計画で
事業を始める前に創業融資を受けることは
そこまで難しいものではありません。

ただ、実際に赤字になってから創業融資を
申し込むとグッとハードルが高くなります。
だから、創業融資を受けるなら
事業を始める前がベストです。

もう事業を始めたという方は
なるだけ早く融資を検討しましょう。

自己資金があるから借りられない?

事業に必要な資金を自己資金でカバー
できる人もいます。私は税理士ですが
税理士事務所を始める場合
資金が約350万円と必要と言われています。

この金額を貯めること自体は
そこまで難易度が高いものではないと
思うのですが、貯めた金額をすべて
事業に使ってもいいのでしょうか?

私はこのように
事業資金を自己資金で貯めた人にこそ
創業融資を利用することを
考えて欲しいと思っています。

このように言うと

自己資金で十分だから創業融資を
受けられないのでは?と考える方がいますが
実際は逆です。

自己資金を持っている人の方が融資を
受けやすいのです。例えば起業するのに
350万円かかるとして、その資金として
400万円貯めたとします。

この時、通常であれば
①事業資金⇒350万円
②残りを生活費として⇒50万円
とする人がよくあるパターン。

ここで創業融資の登場

ここで創業融資という要素を加味します
すると、このようなケースも可能です。
①事業資金⇒200万円
②創業融資で資金調達⇒150万円
③残りを生活費⇒200万円

創業融資を150万円受けた分だけ
手持ちの資金が増えることになり
550万円からスタートできます。

これは本当に大きな差になります。

このようにお金が多くなることによって
①選択肢が多くなる
②長く事業を継続できる
③心のゆとりが出るという
メリットがあります。

その中で、創業融資を受けている
私の率直な意見でいうと
心のゆとりが一番大きな影響になります。

例えば
・半年で結果を出さないといけない状況
・2年で結果を出せばいいという状況
後者の方が腰を据えて経営をできます。

目の前の成果を追うことも避けられます。
この心のゆとりは創業融資を受ける場合の
大きなアドバンテージになります。

さいごに

融資を受けない方がいい
これは間違いではありません。
また、なんでもかんでも創業融資はNG

ただ、現実問題として、資金が
不足しそうな状況では融資を受けらない
ということがありあます。

そういうプラスとマイナスを飲み込んで
意思決定することが経営です。
やっぱり難しいですね。

他にも伝えたいことがあります。
過去のブログを参考にすることや
セミナーへの参加をお勧めします。
LINKはコチラ

下園創業支援サロンでは大阪市で
資金調達のためのサポートを
行っております。

お問い合わせはこちら(https://shimozonosalon.com/contact

-創業融資
-, , , ,

Copyright© 下園創業支援サロン , 2021 All Rights Reserved.