大阪で創業融資をお考えなら | 大阪で創業融資・スタートアップ支援なら「下園創業支援サロン」

大阪で創業融資なら | 下園創業支援サロン

創業融資

公庫から融資を受けているあなた!メリットしかない『コロナ借換』を検討しましょう!

投稿日:

自らコロナ借換に申し込んできました!

今回の動画は
私の実体験に基づいています。
で、何を体験したかというと

コロナ特別融資とコロナ借換を行いました!
するとどうでしょう!

まず、追加で資金調達ができました。
融資の期間を延ばすことができ
そして、利率が下がりました。

いいことばかりでした!

今回のブログは
①日本政策金融公庫からの借入がある
②コロナ特別融資を受けていない
③直近の月次の売上が5%以上減少
に当てはまる事業者はコロナ借換を
検討してほしいと思って書いています。

なぜか?

コロナ特別融資も有利な制度ですが
それを上回るメリットが
コロナ借換にあるからです。

特に利率についてはコロナ借換により
①今後3年間ゼロになり
②適用される金利も減少する
本当にメリットばかりです。

私がコロナ借換を受けるまでの道のり

コロナ借換については、お得な制度ですが
私が専門家だからできた
というわけではありません。

実はお客様に気付かせてもらいました!
その経緯をあなたに伝えます。

少し前の2020年上半期のことでした。
私のお客様で、コロナによって事業継続が
ピンチになりそうな事業者がいました。

私はコロナ特別融資という制度に
申し込んではどうかという
提案をしました。

最初は借入が増えるリスクから
「それはちょっと…」という後ろ向きな
ムードでしたが、事業が廃業になることと
天秤にかけて、最後はコロナ特別融資を
申し込むことになりました。

約1か月後、無事、コロナ特別融資が
実行されました。ここで予想外のことが
起きます。

それは、これまでの公庫から受けていた
借入もコロナ特別融資に変更になったと
いうことでした。

この対応に私はとても驚くと共に
「金利も下がるし、有利な取引でしたね」
と声を掛けました。

その後、数件コロナ特別融資の案件を
行う中で、コロナ融資への変更という
同様の事例を経験しました。

私のお客様にとってはとてもいい対応で
あったのは間違いないのですが
なぜ借り換えが行われているか?

これが私にとって謎であったので
コロナ関連の政策をよく調べると
『既往債務の借換』
という制度があることがわかりました。

これに申し込んでいたのか…

と腑に落ちたのと同時に
「私も公庫から借入があるので有利になるかも」
ということをヒラメキました。

そこで早速公庫の担当者に連絡すると
意外な返事が返ってきました。

「実は、コロナ借換だけは受付していません
もしその制度を利用したいなら
コロナ特別融資を申し込んでください」

頂いたアドバイスをもとに
早速2020年の10月の中旬に
コロナ特別融資の申込をすると

同月中には返事があり、その回答は
「新規の融資額は希望額より少なく
なりましたが、融資の期間と
1年間の猶予を適用できます」
という、私にとって理想的なものでした。

日本政策金融公庫様
ありがとうございます!

コロナ特別融資とコロナ借換の制度の概要

ここでは、コロナショックにより生まれた
『コロナ特別融資』と『既往の融資の借換』
という2つの制度の概要をお伝えさせて下さい。

まず、『コロナ特別融資』はコロナで
ピンチの会社や個人事業主に対して融資を
行い廃業などを防ぐための制度です。

この制度を利用できる事業者は
直近の月次の売上が前年の同じ月と
比べて5%減少していることです。

たったこれだけです。

多くの事業者が利用した制度になので
あなたの身の回りにも利用した方が
いるかもしれませんね。

次に『既往の融資の借換』です。

この制度は日本政策金融公庫から受けている
従来の融資を『コロナ特別融資』に
変更(借換)するという制度です。

『コロナ特別融資』とそれ以外の普通の融資
何がちがうの?と疑問に思うかもしれませんが
これには大きな違いがあります。

特に違うのが金利です。
『コロナ特別融資』の適用される金利は
災害金利という金利が適用されます。

この災害金利は大規模な災害で
多額の被害が出たときなど、緊急の融資が
必要になるケースで適用される金利であるため
とても低い金利に設定されています。

さらに『コロナ特別融資』においては
融資額が3000万円以下の部分については
3年間は金利ゼロで融資を受けられます。

つまり、『既往の融資の借換』を行うことで
金利を下げることができます。
『既往の融資の借換』は条件に該当する方は
自動的に適用されています。

そのため、コロナショックにより特別融資を
申し込んだ事業者は、もれなく
この『既往の融資の借換』が適用されています。

ラッキーでしたね。

ただ、日本政策金融公庫は
「こんな制度があるからどうですか?」
という営業は行いません。

そのため、なんとかしてコロナ特別融資を
受けないで乗り切ろうというあなたは
結果的に損をすることになりかねません。

さいごに

このブログを見て
『既往の融資の借換』に今からチャレンジ
したいという場合、相談をして下さい!

『今ある融資をコロナ特別融資に借換するため
コロナ特別融資を申し込みたいのですが』
と担当者に一声かけてください。

そうすると、担当者が親身になって相談に
乗ってくれるでしょう。
(実は私もこの手段を取りました)

現在、公庫から融資を受けているあなた!
『既往の融資借換』にチャレンジして
みませんか?
もしご興味があれば、ご連絡ください!

下園創業支援サロンでは大阪市で
資金調達のためのサポートを
行っております。

開業資金の融資をご希望の場合は
税理士・公認会計士・中小企業診断士が
代表が務める下園創業支援サロンに
ぜひご相談ください。

スポンサードリンク

-創業融資
-, , , ,

Copyright© 下園創業支援サロン , 2020 All Rights Reserved.