大阪で創業融資をお考えなら | 大阪で創業融資・スタートアップ支援なら「下園創業支援サロン」

大阪で創業融資なら | 下園創業支援サロン

創業融資

マルチライセンスが考える、これからの資格・検定

投稿日:

 

これからは受験者増加の時代

コロナウィルスの影響やリカレント・リスキリングといった時代の流れから考えて、今後『資格』を目指す人は増えると予想されます。
私が公認会計士を目指すきっかけは『就職氷河期』で、自分の希望していた就職ができなかったことにあります。コロナウィルスで就業できなかった新卒の方、あるいは不本意な就労をしていて、近いうちに転職を予定している人が多く存在するという状況は、私の経験した『就職氷河期』に似た環境にあるという印象を持っています。

いわゆる不況と呼ばれる期間には、資格とりわけ『国家試験』の受験者が増加します。逆に、景気が良い期間、受験者は減少します。現にコロナ前の約10年間(2010年~2019年)は、比較的景気がよく、また少子化の影響で新卒の人数も減少傾向にあることから、多くの国家試験で、軒並み受験者が減少傾向にありました。


ポストコロナ・ウィズコロナの兆しが見えかけている中、今回紹介する東洋経済だけでなく、PRESIDENTでも勉強法の特集が組まれるなど、今後数年間を視野に入れると、資格・検定にチャレンジする人は確実に増加します。
さらに人生100年時代を見据えて、これまでよりも長く働く必要のある40代~50代は年齢とともに、自分の仕事を見つめ直す必要があります。団塊の世代のように『その会社のみで使える能力』だけでなく、自分のライフステージに合わせた働き方が求められるようになるでしょう。そんななか、リカレント・リスキリングというワードが使われるようになり、これまでとは異なる新しい風潮での受験者の増加も見込まれます。

少しでも早く動くが正解

今後は、受験者の減少傾向に歯止めがかかり、増加に転じる可能性が高いのですが、国家資格については、合格率や合格者が大きく変動することはないので、受験者の増加に伴い、『不合格者』の層が厚くなると予想されます。合格率が10%以下になる国家資格は珍しくありません。ということは、勉強をスタートした段階で、自分の目の前には不合格となった人たちがすでに居て、それを抜かしていかなければなりません。個人的な意見でいうと、一度勉強している人を押しのけていくには、相当の労力が必要になります。ということは、いつか勉強しようと思っているのであれば、『不合格者』の層が薄いうちに始めるのが得策です。

各種リンク

甲子園会計チャンネル⇒https://www.youtube.com/channel/UCJGXnNd1Qrxn4_JJe9Rdx-A
甲子園総合会計HP⇒ https://koshienkaikei.com/
簿記検定3級の過去問解説動画(第149回~第156回)⇒ https://note.com/koshienkaikei/n/na2eb5d6300f4
1次試験財務・会計過去問解説note⇒https://note.com/koshienkaikei/n/n80d32eafbff8
2次試験事例Ⅳ過去問解説note⇒https://note.com/koshienkaikei/n/n959267c40ceb
30日完成テキスト解答解説note⇒https://note.com/koshienkaikei/n/n69d4a871023c

スポンサードリンク

-創業融資
-, ,

Copyright© 下園創業支援サロン , 2022 All Rights Reserved.