大阪で創業融資をお考えなら | 大阪で創業融資・スタートアップ支援なら「下園創業支援サロン」

大阪で創業融資なら | 下園創業支援サロン

創業融資

これだけは知っておきたい!創業計画書の記載のポイント!

更新日:

今回のテーマは創業計画書の記載についてです

創業融資を申し込みのために作成する
『創業計画書』って何をどのように
書けばいいでしょうか?

この質問をよく耳にします。

まず基本的な項目から
申込の際に必要な書面は下記です。

・借入申込書
・創業計画書
・見積書(設備資金の確認)
・登記簿(法人のみ)
・事業計画書(任意)

創業計画書は創業融資を受ける際に
必須の書面なのです。
今回のブログでは、『創業計画書』
記載のポイントを大公開します。

創業計画書は実は記載例がありますが…

日本政策金融公庫のホームページを
よく見るとわかるのですが、実は
『創業計画書』記載例が公表されています。

記載例では、簡素に書かれていますが
もっと記載したいことがあるはずです。
居酒屋の創業計画書の記載例
自分なりのカラーを出して下さい。

記載すべき内容は9つ(もある…)

『創業計画書』に記載すべき内容は
9つのパーツに分かれます。

①創業の動機
②営者の略歴
③取扱商品・サービス
④取引先・取引関係
⑤従業員
⑥お借入の状況
⑦必要な資金と調達方法
⑧事業の見通し
⑨自由記入欄

ここからは、記載項目について
どのように記載すればいいか?を
お伝えします。

①創業の動機 難易度:☆☆

このパートは起業を目指す人なら楽勝です。
むしろ記入する欄が小さいので、逆に
何を書けばいいかを迷うかもしれません。

その時は
①モチベ―ジョン、②目的、③見通し
という観点から記載するとバランスよく
文章が組み立てられます。

独りよがりにならないように注意!

②経営者の略歴 難易度:☆

最終学歴から職歴を
もれなく記載してください。
欄が少ないので、たくさん職歴が
ある場合は工夫が必要です。

あと、職歴に加えて身につけた能力
などを記載するとなおgoodです。
例:××会社営業部 法人営業のスキルを獲得

③取扱商品・サービス 難易度:☆☆☆

このパートは記載すべき項目が
たくさんある割に、記入欄が小さく
コンパクトにまとめるのに苦労します。

特に
①差別化②営業手段③外部環境④ターゲット
という4項目は外せません!

そしてこの4つは創業計画書に記載する前に
よく練っておく必要のある項目です。
また、事業開始に伴い常に見直しと
実行を繰り返す部分です。

④取引先・取引関係 難易度:☆

取引先や仕入先、外注先を
記載するのですが…

ここは起業前あるいは起業間もない
ときは、記載できる内容が少ない
部分でもあります。

建設業の様に外注先の確保が
重要な業種以外は、欄の大きさの
割に記載すべき内容は少ないです。

⑤従業員 難易度:☆

従業員を雇う場合に
記載します。多くの事業者が
『ゼロ』となっています。

⑥お借入の状況 難易度:☆☆

個人的な借入を記載するパートです。
カーローンなどがよくある
パターンになります。

ここでは、注意したいのがサラ金の
ような高利の借金です。

金融機関にとってみると
もし融資を行ったとしても
その貸したお金で返済するのでは?

と思われてしまっても、文句は
言えません。融資を受ける前に
返済するのがベストです。

あと、ウソはダメです!

⑦必要な資金と調達方法 難易度:☆☆☆☆☆

このパートは『お金の使い道』を
記載する部分になります。『創業計画書』を
作成するうえで最も難易度が高いです。

特に1回のみの支出(設備資金)と
事業を継続していくために必要な資金
(運転資金)の両方を記載するとともに
他の記述の内容と整合性を
取らないといけません。

ちなみに
設備資金+運転資金3ヶ月(6か月)
このくらい資金額が目安になります。

1回のみの支出(設備資金)について
その金額を確認するため、見積書の
提出が要求されますが、当然その
見積書との整合性も必要になります。

また、営業手段で『広告』とあれば
そのために資金を確保していないと
「広告の費用は?」と疑問を持たれたり
計画全体の実行可能性が疑われたりと
考えだすときりがありません。

起業に関する活動のすべてが最終的に
お金の部分に集まってくるので
その整合性を確保しながら
⑦必要な資金と調達方法を
記入するのは本当に手間がかかります。

⑧事業の見通し 難易度:☆☆☆☆

ここは予測の収支、言い換えると
予測の儲けを計算するパートです。

書面上は①当初と②1年後の
2か月しか要求されていませんが
少なくとも月次で3年分
36ヶ月は計算しましょう!

そうなると…
やはり、難易度は高くなりますね。

⑨自由記入欄 難易度:☆

もし事業計画(ビジネスプラン)を
作成していたら、書くのは一言
『別添の事業計画を参照ください』

事業計画を作るべきか?

『創業計画書』とは別に事業計画書を
作るべきか?と聞かれたら、迷わず
YESと答えます。

その理由はいくつかありあますが
事業を始める用意ができている事の
アピールすることが最も重要です。

そして、融資をお願いする立場
として、1%でも成功確率を
上げるための手段にもなります。

面倒臭いことをすればするほど
なぜか確率は上がっていきます。

もし、さらに詳しく知りたいという
アナタはコチラも参照下さい。

他にも伝えたいことがあります。
過去のブログを参考にすることや
セミナーへの参加をお勧めします。
LINKはコチラ

私がセミナーや依頼を受けてサポート
する際に気を付けている
創業融資のノウハウがぎっしり詰まった
『創業融資のススメ』をNote・Brainで
提供しています。

気になった方はリンクをクリック!
『創業融資のススメ』note版
『創業融資のススメ』brain版

大阪市の下園創業支援サロンでは
創業支援を行っております。
専門家によるアドバイスや協力を
ご検討の方は
ぜひ下園創業支援サロンに相談を!

スポンサードリンク

-創業融資
-, , , ,

Copyright© 下園創業支援サロン , 2020 All Rights Reserved.