大阪で創業融資をお考えなら | 大阪で創業融資・スタートアップ支援なら「下園創業支援サロン」

大阪で創業融資なら | 下園創業支援サロン

創業融資

独立・開業時にお金を借りる理由!まずは政策金融公庫へ

更新日:

開業資金は「最初に借りる」が正解

事業を始める時は
「最初に借りておく」が正解です。
これが今回のテーマです。

なんで?と思った人は
このブログだけでも読んでください。
とにかく「融資が必要かも」と
検討してもらうことが私の願いです。

みなさん、学生の頃を思い出してください
家族や友人にお金を借りるとき

どんな時でしたか?

これはセミナーや相談会や交流会などで
創業予定の方にお会いした時に
必ず聞く質問です。

その時かえって来る答えの大半が
「お金が足りなくなったとき」です。

さらに次にこの質問をします。
「ビジネスを始めようとしている
アナタはいつお金を借りに行きますか?」

みなさんはどうでしょうか?

多くの人がこのように答えてくれます。
「お金が足りなくなったとき」

こんな言葉を聞いたことはないでしょうか?
「銀行は晴れの日に傘を貸して
雨の日には傘を貸してくれない」

この言葉の意味は、非常に簡単です。
お金が足りなくなった人には銀行は
お金を貸してくれないという意味。

銀行が悪者になるとき
よく聞くフレーズかもしれません。

セミナーなどでお会いさせていただく
未来の経営者の方々もやっぱり同じで
お金が足りなくなったときに
銀行に行くつもりみたいです。

でも・・・・・

お金が足りなくなった人には
銀行はお金を貸してはくれません。

それでは未来の経営者には絶対に
貸してくれないのでしょうか?
そんなことはありません。

なぜか?

その理由は簡単です。あなたの知り合いに
事業を始めた人や会社を作った人がいれば
「銀行でお金を借りましたか?」
と聞いてください。
多くの経営者がお金を借りています。

つまり、起業まもなく経験がない段階でも
お金は銀行から借りられます。
それでは、いつ行ったら
銀行はお金を貸してくれるのでしょうか?
ここは重要なポイントです。

いったん、銀行員になった気持ちで
少し考えてみましょう。

あなたは中堅の銀行員です。
1年前に雑貨屋を始めたAさんからお金を
貸してほしいという相談を受けました。

その理由を聞くと
「自分で貯めた300万円で雑貨屋をはじめ
営業開始から1年たった後の通帳を見ると
100万円しかありません。
半年もすれば、資金が底をつきます」

さらにそのAさんが
「黒字になるから、500万円貸してほしい」
このようにと言われて「わかりました」
といえるでしょうか?

ムリですよね

では独立・開業を目指す人にとって
「いつ借りておくべきか?」
この答えは実は簡単です。

「最初に借りておく」というのが正解です。
答えを聞けば「なんだそんなことか」と
思われますが、このことに気づいていない
未来の経営者が多いのが実情です。

創業融資は時間を買うことと考えよう

ここでもう一つ例を挙げます。

35歳でパン屋さんを開業するBさん
開業資金を計算すると2,000万円
必要なことがわかりました。

1年間に200万円貯金できるとして
10年間貯金し続けますか?
そして、45歳で自分のパン屋を
オープンさせるのでしょうか?

最初から資金が必要なビジネスであれば
「お金が必要だから、お金を借りよう」
と考えます。

一方、自己資金で始めることができる
ビジネスで独立・開業をされる方は
「そうだ!お金を借りよう」
とはなりません。

その主な理由は
①どれだけお金が必要かを考えられていない
②資金に関する見積もりが甘い
③銀行でお金を借りるのが怖い
といったものです。

特に③銀行でお金を借りるのが怖いは
銀行で預金以外の取引をしたことが
ないので理由もなく漠然とした
不安を持っていると思われます。

ただ私は
「銀行からお金を借りること」に関して
アドバイスできる人や
アドバイスを受けられる場所が
少ないことが原因だと思っています。

セミナーに参加してくださる方や

セミナーに参加してくださる方や
個別に相談いただくと
「最初は自己資金で大丈夫と思っていた」
けど
「最初に借りることも検討します」
と考え方を変えてくれる人が大半です。

独立・開業時に銀行にお金を借りることを
一般的に「創業融資」というのですが
創業融資は条件さえクリアできれば
融資実行の確率はかなり高いです。

えっ!

そう思ったアナタはラッキーでしたね!
私のセミナーでお伝えしていることを
これからブログでお伝えします。

ご自身の課題になっている
テーマのブログを読んでもらえると
きっと創業融資を受けることができます。

何度でも言います。
そして何度でも書きます。
「お金は最初に借りてください」

この他にも伝えたい事があります。
僕の過去のブログを参考にする。
またセミナーに参加する事をお勧めします。
LINKはコチラ

下園創業支援サロンでは、大阪で創業融資を受けたい方のサポートを行っております。大阪で事業資金を借りたいとお考えでしたら、ぜひ下園創業支援サロンにお声かけください。

専門家が開業予定の方へのスタートアップ支援を行います。はじめての方はこちら(https://shimozonosalon.com/jimusho)をご確認ください。

スポンサードリンク

-創業融資
-, ,

Copyright© 下園創業支援サロン , 2020 All Rights Reserved.