大阪で創業融資をお考えなら | 大阪で創業融資・スタートアップ支援なら「下園創業支援サロン」

大阪で創業融資なら | 下園創業支援サロン

創業融資

ピンチをチャンス変える!国から3分の2(最大6000万円)補助される事業再構補助金!

投稿日:

 

事業再構築補助金は今年の目玉!

今回のブログは今年の補助金の目玉
事業再構築補助金の紹介です。

この補助金は
アフターコロナ・ウィズコロナといった
新しい日常へ向けて踏み出す事業者を
後押しする補助金です。

補助金の概要

ここからは補助金の概要として
以下のポイントをお伝えします。
①対象者の条件
②補助金額
③補助金の対象となる取組み例

①対象者の条件

この事業再構築補助金は以下の
3つの条件を満たす必要があります。

(1)売上に関する条件
申請前の直近6カ⽉間のうち
売上高が低い3ヶ月の合計売上高が
コロナ以前の同3ヶ月の合計売上高と
比較して10%以上減少している中小企業等

(2)計画の信頼性に関する条件
自社の強みや経営資源(ヒト/モノ等)を活かし
経産省が示す「事業再構築指針」に沿った
事業計画を認定支援機関等と策定した中小企業等

(3)取り組みを実施した影響に関する条件
補助事業終了後3~5年で付加価値額の
年率平均3.0%以上増加又は
従業員一人当たり付加価値額の
年率平均3.0%以上増加を達成する計画

少しわかりにくいですよね…
特に(3)については
補助金の対象となった取り組みをしたあとの
ことになるので、見込みの数値になります。

逆にいうと計画として、付加価値が増加する
ということを織り込む必要が
あるということを付け加えておきます。

もっと知りたいという方はコチラ

②補助金額

以下の4つのタイプに分かれます。

(1)中小企業(通常枠)
補助金額:100万円以上6,000万円以下
補助率 :2/3
採択企業数の上限はありません。

(2)中小企業(卒業枠)
補助金額:6,000万円超1億円以下
補助率 :2/3
採択企業数:400社限定

(3)中堅企業(通常枠)
補助金額:100万円以上8,000万円以下
補助率 :1/2(4,000 万円超は 1/3)
採択企業数の上限はありません。

(4)中堅企業(グローバルV字回復枠)
補助金額:8,000万円以上1億円以下
補助率 :1/2
採択企業数:100社限定

ほとんどの事業者が
(1)中小企業の通常枠に該当する可能性が
高いためこのパターンだけ押さえて下さい。

③補助金の対象となる取組み例

下記のような事業が対象となります。
事業再構築の具体的事例については
経済産業省のPR資料などに記載
されているものを加工したものです。

(1)小売業
店舗による衣服販売業を営んでいたところ
コロナ影響で売上が減少し店舗縮小に伴い
ネット販売やサブスクに業態を転換

(2)製造業
航空機部品を製造している事業者が
需要が激減したため、既存の設備の廃棄
新たな設備を導入し医療機器などの部品製造
といった新規事業を立上げる

(3)飲食業
売上が激減した飲食店が既存設備を縮小し
宅配や持ち帰りにも対応した
オンライン注文の受付サービスを導入

上記以外にもたくさんの
パターンが考えられます。
新しい日常に対する対策か?が
重要で幅広い取組が対象になりそうです。

もっと知りたいという方はコチラ

補助金申請のポイント

ここからは補助金申請の
ポイントを4つお伝えします。

①Gビスによる申請

事業再構築補助金はGビスを利用します。
Gビズとは国が運営する電子申請システムで
各種の補助金申請を電子申請で行えます。

このGビズですが、取得するために
手続が必要になり、審査もあるので
通常2週間前後かかるため、お早めに。

②経営革新等支援認定機関の協力

この事業再構築補助金を申請するに
あたっては、経営革新等支援認定機関と
計画を作成する必要があります。

経営革新等支援認定機関は通常
「認定支援機関」といわれていて
税理士などの専門化や商工会議所
などの公的機関が登録しています。

③補助金計画書の作成能力

今回の補助金については補助額が高いため
小規模補助金などよりも難易度の高い
計画書が必要と想定されます。

よって、これまでの補助金の申請実績が
あったとしても、高い計画書作成能力が
あるかを見極めましょう。

④戦略構築力

この制度は金額が大きく、新規事業を展開するので
単なる補助金申請だけでなく、財務・税務など
事業の総合的な能力が必要とされます。

特に資金調達や資金繰り、あと業者との協力
といった包括的な調整が必要であり
また投資額や補助額も大きいため
適切に手続を遂行することも必要です。

このように、単なる補助金申請だけでなく
資金繰りや経営計画の遂行や財務能力
さらに金融機関や税理士などを巻き込む
といったリード力といった総合力が
必要になるのでその条件を満たす
士業に依頼する事が望ましいです。

もっと知りたいという方はコチラ

さいごに

今後、詳細が公表される予定でありますが
その公表に先んじて
一歩前に踏み出すことが重要です。

その中でもっと知りたいという
ことがあれば、甲子園総合会計事務所
でも下記にて個別面談を行っております。

個別相談はコチラ
ぜひ活用してください!

他にも伝えたいことがあります。
過去のブログを参考にすることや
セミナーへの参加をお勧めします。
LINKはコチラ

開業資金の融資をご希望の場合は
税理士・公認会計士・中小企業診断士が
代表が務める下園創業支援サロンに
ぜひご相談ください。

お問い合わせはこちら(https://shimozonosalon.com/contact

スポンサードリンク

-創業融資
-, , , , ,

Copyright© 下園創業支援サロン , 2021 All Rights Reserved.